相続物件を売りたい

  • TOP
  • 相続物件を売りたい

Inheritance放っておくとトラブルを招くことも。
~相続物件の売却について~

千葉県市原市を中心に、数多くの不動産売却をサポートしてきた「三和ホーム」。こちらでは、相続物件や空き家に関するお悩みの解消につながるヒントをご紹介します。

なぜ、相続物件の売却が必要?

なぜ、相続物件の売却が必要?

もちろん、相続した物件を活用したり、誰かが住んだりするのであれば売却は不要でしょう。しかし、土地や建物のような不動産は、使っていなくても持っているだけで固定資産税や維持管理費用などがかかります。こうしたコストの発生を避けたい場合には、売却を検討してみるのも一つの方法です。

当社では、相続登記などのご相談もうけたまわっております。

当社では、相続登記などのご相談もうけたまわっております。

不動産を相続した場合、たとえば自分だけが相続人であれば、ご本人の意思だけで売却することができます。しかし、実際には複数の相続人がいるケースも多く、例えば相続登記の手続き、売却して現金化するかどうかの決定など、あらゆる場面で相続人全員の話し合いや同意が必要になります。

「相続しても使わない不動産だから、早く売りたい」と思っても、分割協議や相続登記が必要になることも。当社は司法書士などの専門家とも連携しているため、こうした相続登記などのご相談からうけたまわっております。

空き家を放置していませんか?

空き家を放置していませんか?

「祖父母、父母から相続したけれど、使っていない空き家・空き地がある」という状況を放っておくと、さまざまなリスクを伴います。そして、放置期間が長くなるほどリスクは拡大していくことに。解決方法を早い段階で話し合い、決定されることをおすすめします。

空き家を放置すると、こんなリスクがあります。
老朽化 管理されていない土地・建物は急速に老朽化が進みます。シロアリ被害、老朽化などによって、突然倒壊するケースも。
近隣トラブル 環境の悪化などが近隣トラブルの原因となることもあります。また破損・倒壊などによって周辺の方に被害を与えた場合は、損害賠償を請求されることにもなりかねません。
金銭的なリスク 不動産は所有しているだけで、管理費や税金が発生します。

このようにさまざまなリスクを伴う空き家を放置していると、行政から特定空き家に認定され、税金負担が大きくなるだけではなく、強制取り壊しとなる可能性も。この場合、解体費用は所有者が負担しなくてはなりません。

相続物件のご相談なら、三和ホームにお任せください!

当社はこの千葉県市原市にて、創業から26年の長きにわたって地域密着型のサービスを提供してまいりました。地域の物件相場を熟知しており、一般的には売りにくいとされる土地の売却経験も豊富。適正な査定価格をご提示し、相続物件のスムーズな売却をお手伝いします。